ブリアン歯磨き粉とフッ素併用の安全性

虫歯にならない歯磨き粉ブリアンとフッ素は併用しても問題ない?

虫歯にならない歯磨き粉として、子供の虫歯対策に人気になっているブリアン歯磨き粉ですが、虫歯予防というと、フッ素で歯を守るという豊富がありますよね。

 

最近の市販されている歯磨き粉の約9割には、このフッ素が含まれているそうです。
ブリアン歯磨き粉自体には、フッ素は含まれてはいませんが、フッ素をブリアン歯磨き粉と一緒に使う、併用することでより虫歯対策として効果が期待できそうな気がしますよね。

 

実際、歯医者さんに行くと、治療の最後にフッ素で歯をコーティングする歯医者さんってけっこう多いです。
わたしが通っていた歯医者さんでも、やっぱり最後にフッ素を塗って終了!って感じでした。

 

レモンっぽい味のフッ素でした。(コーティングするフッ素もいろいろ味があるみたいなんですが、味がついちゃうと、なんか効果があまり期待できないような気がしちゃうんですがどうなんでしょうね?)

 

で、ブリアン歯磨き粉との併用ですが、結論からいえば、まったく問題ないようです。
ブリアン歯磨き粉の公式サイトにも、フッ素との併用について書かれているので、ぜひチェックしてみてください。

 

ただ、ブリアンで歯を磨いた後に、またフッ素入りの別の歯磨き粉で歯を磨くとブリアンの働きを阻害してしまうので、注意が必要です。

 

フッ素の虫歯予防への働き

フッ素は、歯の再石灰化をサポートしてくれて、より酸に強い状態にしてくれるので、酸によって歯が溶けにくくなったり、虫歯になりにくくなると専門家の方もおっしゃっています。また、抗菌作用にもつながるので虫歯予防としてはかなり強力なアイテムといえます。

 

ただ、市販されているフッ素が含まれている歯磨き粉で歯を磨いただけでは完全には虫歯にならないということにはならないそうです。