子供が虫歯になりやすいおやつ、なりにくいおやつ

虫歯にならない歯磨き粉と虫歯予防のおやつ選び

子供の虫歯予防のために、一生懸命歯磨きをしたけど、歯科検診て結局引っかかってしまって、また歯医者通い!でガッカリなんてことよくあるケースですが、ブリアン歯磨き粉で、虫歯菌を除去し、虫歯予防、虫歯を治すという方法もありますが、やはり、普段の日常生活のなかで虫歯になりにくいような口腔環境をケアしてあげることが大事になってきます。

 

虫歯=甘いお菓子!ってイメージがあると思いますが、あれって本当なのでしょうか?

 

実は、甘いものばかりを食べると虫歯になる!というよりも、虫歯ができる仕組みというのがあって、歯と菌と糖のバランスが崩れることで虫歯になるといわれています。

 

ブリアン歯磨き粉などで虫歯菌を除去するというのも虫歯対策には有効ですが、今現在、虫歯がない人の口の中に虫歯菌がいなか?というと、実際にはそうではなくて、虫歯がない人でも虫歯菌をもっています。

 

ただ、口腔環境のバランスが乱れることで、虫歯菌などが増殖して、結果的に虫歯になっていくわけですね。

 

つまり、甘いものばかりを食べているから、虫歯になる可能性はありますが、しょっぱいものを食べていれば虫歯にならないか?というとそうではない!ってことですね。
口腔環境を整える!ここが大事。

ポテチとアイスクリーム、虫歯になりやすいのは?

昔から、虫歯予防とかの絵本とか見ると、甘いものばかりを食べている虫歯菌も甘いものが好きだから、虫歯になる!みたいなストーリーになっていたので、虫歯=甘いものが原因!って印象が植え付けられてしまったかもしれませんね。

 

で、上でもお話しましたが、じゃぁ、甘いアイスクリームとしょっぱいポテトチップスだと、どっちが虫歯になりやすいのか?ってことなんですが、結論からいえば、実はポテトチップスのほうが虫歯になりやすいんだそうです。

 

理由は簡単で、アイスクリームなどは口の中で溶けてすぐに胃に流れていってしまうけど、ポテチなどは、歯にけっこうこびりついて残っていたりしますよね。あの状態が虫歯菌にとっては天国らしいです。
だから、食べ物が口の中、歯に残っているのが虫歯になりやすい状態というわけですね。

 

ただ、であれば甘いものはいくら食べてもいいの?というと、これまた間違いで、甘くて、口の中に残りやすい食べ物ってありますよね。例えばキャラメルとかクッキーとかあんことか。。。
もともと甘いものは虫歯菌は確かに大好物らしいので、そういう食べ物が口の中に残っているのは、虫歯ケアではとっても危険!

 

ですから、そういう食べものをたべたら、すぐに歯磨き!歯磨きができないようであれば、口の中をすすいで食べ物を口の中に残しておかないようにすることが虫歯ケアでは大事になるようです!